無為庵

読書メモ、アイデアの蔵。

いつか考えた「あの事」

独行道

突き詰めて考えれば、人生は自己満足だと思う。 他人がどう思おうと関係ない。 結局、人は独りだ。一人で生まれ、一人死にゆく。 他人の言いなりになったって、そいつが自分を救ってくれるわけじゃない。 自分だって、乞食を前にして、きっと手を差し伸べる…

努力二論

努力なんてしなくていい。 "努力"は、やりたくもないことに対して使う言葉だと思うから。 だって、自分の好きなことなら、傍目には「大変だな」と思うようなことでも平気でできる。「自分は努力している」なんて、思わない。そして、そうある限り、どこまで…

人生が苦しいと思ったら

自分はどうして生まれてきたのだろう。 自分に存在価値なんてないんじゃないか。 そう悩んでいる貴方は、必死で自分の存在意義を証明しようと、頑張っているのかもしれない。 周りの役に立たなければ。 他人の期待に応えなくては。 誰かを喜ばせなくては。 …

根拠を示せない――私が就活に失敗した理由

やりたいことを、やらねばならない。 願望と義務が並立する、妙な一文を書いた。 しかし、これは自分の大失敗から学んだ、人によっては当たり前かもしれない、一つの教訓である。 最初にその心を言おう。 就活では、「自分は何をしたいのか、どうしてそれが…

「あまあま」

「君には"あまあま"だよ」 職場の先輩に言われた何気ない一言に、心が冷える経験をしたのは、もう半年以上も前だ。それは、「侮られているのではないか」という不安だったか、「自分だけ特別扱いされているのではないか」という疎外感だったか・・・。とにか…

豁然の閃き?

やっぱり「自信」の話をすることだろうか。 自分はずっと、「やりたいこと」についてなんとなく考えてきた。 それで、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を読んで、ワークをやってみた(今度、詳しく記事にしようかな)わけだけど、何か「あ~こ…

武道の精神修養とは結局何なのか【弓道日誌92021/1/20】

緊急事態宣言で、仕事が在宅と出社のローテーション式になって二週間。道場は空いているみたいだけど、流石に今通うのは憚られる。 代わりに、昨年末から週2~3日程度、自宅で自主練を続けている。スマホで動画を撮り、逐一確認しているけど、新たに癖を作っ…

生年は百に満たず 常に千歳の憂いを懐く(『文選』)

生年不満百 生年は百に満たず 常懐千歳憂 常に千歳の憂いを懐(いだ)く 昼短苦夜長 昼は短く夜の長きに苦しむ 何不秉燭遊 何ぞ燭を秉(と)って遊ばざる 為楽当及時 楽しみを為すは当に時に及ぶべし 何能待来茲 何ぞ能く来茲(らいじ=来年)を待たん 愚者…

たかが一言、されど一言

「助かりました。ありがとう」 ただその一言に俺は救われた。 就活も佳境に差し掛かった夏。解禁日を一応守っている大手企業でさえ採用を終えたところがぽつぽつと出始めた頃、俺はまだ一つの内々定ももたず奔り続けていた。

"悲劇の英雄視" 【読書メモ:エレイン・N・アーロン・著/明橋大二・訳 (2020)『ひとひちばい敏感なあなたが人を愛するとき―HSP気質と恋愛―』③】

muian2020.hatenablog.com ①ありのままの自分を拒絶されることへの恐れ 「本当の自分を見せたら嫌われる・・・!」という恐怖。この深い自己否定感の原因は様々なところに根ざしていて、解決は容易でない。人ときちんと関わることで和らげるしかない。

今、自分の"やりたいこと"って何だろうか:続き

muian2020.hatenablog.com 弓道について 自分にとって弓道は、人生を捧げるほどではないが、社会人になって道場の門戸を叩くくらいには好きな武道である。 今でも死亡事故の危険があるからか、個人的な練習には段位が要るし、コロナ禍で余計な制約がかかった…

今、自分の"やりたいこと"って何だろうか

muian2020.hatenablog.com 『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法』を読んでから、やはり転職について考えないわけにはいかないという思いが強まった。 正直、今の職場で自己実現は果たせない。就活をするに相応しいところ…

ゲームで解る心の妙――「死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり」

日常には"心の妙"を識る機会に溢れている。 ゲームもまたその一つだと思う。 しかし、簡単なRPGでは駄目だ。フロムが得意とするような、シビアな判定に只管合わせ続ける"死にゲー"の類でなければならぬ。 その中でも、個人的には「隻狼」が最も"適している"…

一炊の夢 叛逆の夢

おじさんには今、二つの目標がある。 一つは、この芥のような人生に抗うこと。 一つは、「大人というのも悪いものじゃない」と言えるようになること。

成功するかなんて気にするな

何かやりたいことを見つけても、二の足を踏んでしまう。そして、機を逃して折角巻き起こった心の焔が消える。 「まぁ、どうせ上手くいかなかっただろう」 私自身、この過ちを犯したこと勝げて数うべからず。しかし、最近、その原因が「上手くやらねばならな…

継ぐことは宿命に囚われること

muian2020.hatenablog.com 世の人はほとんどが"普通"であって、それは至極当然のことだから、"特別"であろうとする必要はないのではないか、という話をした。 それは言い換えれば、この世の人間のほとんどはいてもいなくても良い、存在意義がない、というこ…

特別である必要はない

自分は話しかけられても全然構わないのに、自分が他人に話しかけるのは相手の迷惑になると何故か考えてしまう。 そう感じる場合、ある意味自分を"特別視"しているのかもしれん。

勝ちは知るべし しかして勝つべからず (『孫子』)

故曰、勝可知、而不可爲 故に曰く、勝ちは知るべし、しかして為すべからず ――それでこう云うのだ、勝てるかどうかは〔事前に〕知りうるが、〔それを無理矢理〕為すことはできぬと。