無為庵

読書メモ、アイデアの蔵。

黎明篇 【中東】

14~16世紀のイスラーム世界 【オスマン帝国】

ティムール朝 14世紀の主役 14世紀~1736 オスマン帝国 15~16世紀の覇者 1300頃~1922 ティムール朝 14世紀の主役 14世紀~1736 13世紀に栄華を誇ったイル=ハン国の東には、チャガタイ=ハン国があった。チャガタイ=ハン国は13世紀末に内紛の様相を…

13世紀のイスラーム世界

モンゴル系の進出 二つの奴隷王朝 イベリア半島のイスラーム勢力 モンゴル系の進出 13世紀はチンギス=ハンをはじめとするモンゴルが大進撃を見せた。中東もその煽りを受け、1258年にモンゴル軍がバグダードを落としてアッバース朝を滅ぼした。その後…

12世紀のイスラーム世界

セルジューク朝の衰退 英雄の中の英雄 中央アジアでは セルジューク朝の衰退 聖地エルサレムを押さえ、小アジアをビザンツ帝国から奪うなど勢力を拡大していたスンニ派のセルジューク朝の前に、第1回十字軍が襲来する。しかし、その頃のセルジューク朝は南…

カリフ乱立の10世紀・トルコ系が進出した11世紀

カリフの分立とシーア派の躍進 10世紀 トルコ系王朝の登場 10~11世紀 カラ=ハン朝 初のトルコ系王朝 セルジューク朝 イスラム世界の主役 キリスト教vsイスラム教 11世紀のイスラーム諸勢力 9世紀初頭、ハールーン=アッラシードのときに全盛期を…

分派とイスラーム勢力の躍進

正統カリフ時代 ウマイヤ朝 661~750 アッバース朝 750~1258 アッバース朝革命 製紙法西伝 首都バグダード 正統カリフ時代 ムハンマドの死後、正当な手続きを経た「正統カリフ」がイスラムを治める「正統カリフ時代」が4代にわたって続く。アブー=バクルを…

イスラム教の成立

セレウコス朝(前4世紀末)→パルティア(前3世紀半ば)→ササン朝(3世紀~) イスラム教の成立 前回は、「小アジア・メソポタミア・レヴァント・エジプトの統一について」触れた。アッシリアに続く史上二度目のオリエント統一国家アケメネス朝ペルシアは…

オリエントの統一

アッシリア帝国――<恐怖>の短命帝国 アケメネス朝ペルシア——寛容の大帝国 古代オリエントでは、メソポタミアやエジプト、小アジア・レヴァントに小さな国家が割拠していた。紀元前7世紀頃、これらを統一する王朝が現れた。アッシリア帝国である。 アッシリ…

古代オリエント

メソポタミア――「両河の間」 シュメール人 アッカド人とアムル人 エジプト――ナイル川の恵み 古王国(前2650~前2120) 中王国(前2020~前1720) 新王国(前1567~前1085) 小アジア(アナトリア)・地中海東岸部(レヴァント) アラム人とフェニキア人 ヘブ…