無為庵

読書メモ、アイデアの蔵。

春秋戦国時代

 

周の王が異民族に殺され、鎬京から洛邑に遷都したことに始まる東周時代。それは500年にもわたる戦乱の時代であり、春秋時代と戦国時代に分けられる。

 

尊王攘夷」の春秋時代 紀元前770~前403

 東周が始まると、諸侯が「尊王攘夷」を大義周王朝第一の守護者(=覇者:諸侯同盟の盟主)」を決する争いを始める。尊王攘夷」は"(周)王を尊び夷狄を攘(はら)う"の意で、あくまでも諸侯が周王朝を尊重し、家臣筆頭の座を争ったという点に特徴がある。

 歴代の覇者の中でも特に有力だった、斉の桓公・晋の文公・楚の荘王・越の匂践・呉の夫差は「春秋の五覇」と呼ばれている。

 

実力の戦国時代 紀元前403~前221

 春秋時代後期には3つの大きな変化があった。これが、実力本位の戦国時代の前触れとなる。

  • 下剋上の風潮:大国の晋が家臣の下剋上によって韓・趙・魏に分裂する
  • 鉄製農具の登場:頑丈な鉄製農具が普及して農業生産性が向上した=農作物を巡る争いを激化させる
  • 青銅貨幣の登場:農具としては御役御免となった青銅器は貨幣として重用された

 前403年の晋の分裂を以て、燕・斉・楚・秦・韓・趙・魏の「戦国の七雄」が出そろった。それまで覇者であった晋が分裂した、つまり、最強の王がいなくなったことが春秋時代の終わりとされる所以である。そして、周王朝の権威が完全に失墜した中、実力で中国の覇を競う戦国時代が幕を開けるのである。

 

 この戦乱を制したのは、最西端に位置する「秦」であった。秦は騎馬の調達が容易で、流通性の高い円形の貨幣を用い、法家商鞅の助言を基に政治改革を行った。秦は前256年に周を滅ぼし、国力を高めた上で、前230年頃から東方へ本格的な侵攻を開始。他の六国を次々と併呑し、前221年に時の秦王の政が「始皇帝」として即位した。

 

 数多の有力者が鎬を削った春秋戦国時代には、それを支えた思想家たち「諸子百家」が活躍した。後に朝鮮や日本にも影響を与えた儒家たち、秦の基本的な政治思想となった法家たち、道教の基になった老子荘子、「孫呉の書」と親しまれた兵法書で知られる孫子呉子など、その影響は計り知れない。

 

 

<参考>

山崎圭一(2018)『一度読んだら忘れない世界史の教科書』SBクリエイティブ

東京法令出版 教育事業推進部(2019)『歴史風景館 世界史のミュージアム』 東京法令出版

・世界史の窓  https://www.y-history.net/appendix/wh0203-027_1.html#wh0203-035

       https://www.y-history.net/appendix/wh0203-073.html