無為庵

読書メモ、アイデアの蔵。

絶対王政⑤ ロシア

 

主権国家とは

  • 主権者(国王)国内において絶対的な権力をもつ。 【絶対主義】
  • 諸侯はただ一人の王に従う。これにより、国境と指揮兵力が明確になった。
  • 長きにわたるイタリア戦争で発展した、戦争特化型国家形態である。

 

ロシアーー北方の熊、動く

黎明期 15~17世紀

かつてキエフ公国と呼ばれる国が現在のウクライナ周辺に存在した。これが、後のロシア・ウクライナベラルーシの元となるのだが、公国はモンゴルの侵攻によって倒れる。

それから暫くの間、かつてのキエフ公国付近では、いくつかの地方政権が現れ、キプチャク=ハン国の統治下にあった。その中から特に頭角を現したのが、13世紀後半に成立したモスクワ大公国であった。

モスクワ大公国は周辺の公国を併呑しつつ大きくなり、イヴァン3世(位1462~1505)のとき、キプチャク=ハン国を退けて独立を果たす(1480)。3世はビザンツ皇帝の姪と結婚したので、ローマ帝国の紋章である「双頭の鷲」を受け継ぎ、モスクワ大公国は「第三のローマ」と呼ばれることになる。

次のイヴァン4世(位1533~84)は、正式に「皇帝(ツァーリ)」として戴冠し、親衛隊(オプリーチニキ)を率いて恐怖政治を行った。彼は、貴族を抑圧して王権を強化すると共に、農奴*1を確立させ、ツァーリによる政治的宗教的な専制支配制(ツァーリズム)を始めた。その残虐な振る舞いや政治手腕から、4世は「雷帝」と恐れられた。

4世の後は次男が帝位を継ぐこととなるが、彼が死ぬとリューリク朝は断絶。 偽の皇帝が何人も即位するなどして混乱した後、1613年にロマノフ朝が始まり、絶対王政が確立される。

 

ロシアの急成長 17世紀~18世紀初頭

17~20世紀にかけてロシアを統べたロマノフ朝は、ロシア正教会の力が強かったために新教と旧教とによる宗教戦争が起こらなかった。それで、ツァーリズムを続けることができたのである。

で、歴代皇帝の中でもとりわけ有名なのが、"大帝"ピョートル1世(位1682~1725)だ。彼は、オランダやイギリスなどの先進国に大使節団を派遣(1697)し、西洋化と近代化を進めた。そして、スウェーデンに宣戦して北方戦争(1700~21)を戦い勝利し、新興勢力として名を轟かせたのである。この間、バルト海に都市ペテルブルクを築き、本拠をヨーロッパに接近させた。

また、康熙帝ネルチンスク条約(1689)を締結したのも"大帝"のときで、この時点で中国の北方はほぼロシアのものになっていた。

 

絶対王政全盛期 18世紀後半

18世紀半ば、もう一人有名なツァーリが登場する。それが、エカチェリーナ2世(位1762~96)である。彼女はプロイセンの小公国の貴族の娘で、ロシア皇帝に嫁いでいたが、夫の技量のなさに憤懣し、ついにクーデタを起こして帝位に就いてしまった女傑だ。

国民や教会に歓迎されたエカチェリーナ2世の手腕は確かなものであった。不凍港を目指して南進してはウクライナクリミア半島を手中に収め、外交においてはオーストリアプロイセン両国と謀ってポーランドを分割、一部を奪取したのである(ポーランド分割:1772・93・95)。これにより、ポーランドは一時的に姿を消すことになった。

また、1792年にはラクスマンを日本に派遣している。

 

まとめ

  • 15世紀後半、キプチャク=ハン国から独立したモスクワ大公国が、現在のロシアの原型である。
  • 16世紀半ばのイヴァン4世(雷帝)が、恐怖政治でロシア流の絶対王政ツァーリズム)の基礎をつくった。
  • 17世紀以降、ロシア皇帝を担ったのはロマノフ朝である。
  • 17世紀末~18世紀初頭にかけて、ピョートル1世(大帝)はロシアの西欧化・近代化に奔走して力をつけ、北方戦争スウェーデンを破った。
  • 18世紀後半の女傑・エカチェリーナ2世は、軍事・外交において巧みな手腕を発揮し、クリミア半島ポーランドの一部を手に入れた。

 

参考

山崎圭一(2018)『一度読んだら忘れない世界史の教科書』SBクリエイティブ

東京法令出版 教育事業推進部(2019)『歴史風景館 世界史のミュージアム』 東京法令出版

・世界史の窓 https://www.y-history.net/appendix/wh0602-059.html 

       https://www.y-history.net/appendix/wh0904-116.html

       https://www.y-history.net/appendix/wh0904-121.html

コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%BE%B2%E5%A5%B4%E5%88%B6-111999

*1:農民が領主から与えられた土地に封じ込まれ、耕作と納税・賦役に従事する封建的制度